『Shadowverse』バハムート降臨追加によるメタの変化

こんばんは、もときです。

バハムートが追加され、1週間が経過しようとしていますね!

ネフティスも解禁され、そろそろ各リーダーのデッキも固まって来たところですね!!!

実装当初はウィッチ1強かと思いましたが、それもつかの間でしたね。

それぞれのリーダーでしっかりとデッキが組みあげられ、とてもバランスが取れてると思います。

それでは、それぞれのリーダーのデッキを紹介していきましょう!

まずはエルフですね。

前環境で猛威を振るっていた冥府エルフは既に息をしていないですね!
これは、次元の魔女・ドロシーの出現による影響が大きいですね。

フォロワーのサイズの巨大化に伴い、フェアリーでは処理できない盤面が多く、特に今まで処理能力が高かった森の意思でも対処できない盤面もちらほら見かけます。

そこで登場したのが、歴戦の傭兵・フィーナですね。

ミニゴブリンメイジでリノセウスを確定サーチできるところが強みですね。

c_103021020 c_103011030

8ターン目に17点削れる高火力になります。

弱点としては、アグロ系にフェアリーを消費しすぎて、リノセウスの火力不足になってしまう点ですね。

ここら辺はうまく数えながらプレイしなければなりません。

参考デッキエルフ

次にロイヤルです!

これはもうとにかくコストが重い!

ミッドレンジやコントロールタイプは特にですよね。

ここに来て、また御旗が火を噴くかもしれないですね!

せっかくなので、アルベール入りのデッキでもご紹介しましょうかね!

c_103241010

疾走ロイヤル

アグロヴァンパイアにサイズで対抗する感じですかね。
突進持ちを5枚採用しているのは、アルベールに進化使いたいためですね。

邪魔な守護持ちは死の舞踏で除去ですね!

さて、実装当初に一番期待の高まったウィッチにいきましょう!

当然ながら最有力なカードでしたね。

次元の魔女・ドロシーです!

dorosi

何と言っても、ぼくが一番気に入ってるカードですね!!!

え!?ヴァンピィちゃん?
そんな子もいましたね!

今回は2パターンのデッキに採用されていますね。

まずはテンポドロシー

ひたすらドロシー出すのに向かうデッキですね。

意外とゲイザーがいい働きをします!

同系でなければ、案外ドロシー引かなくても展開力で勝てたりしますね!

基本はひたすら展開です!

そして、超越タイプですが、これはハイブリッドになるので、純正の超越には少々きついですが、セラフビショップにはそれなりに良い勝率でした。

超越ドロシー

基本、普通の超越と同じ動きです。

ぼくがドロシー好きだからこれを使っているようなものです(笑

まだまだ、追加カードから新たなタイプのデッキもできそうですので、参考になれば幸いでございます。

次回は、ほかの4リーダーについて触れたいと思います!

現状ではセラフビショップが最有力になっていますので、それに勝てるデッキを持ち込むのがトーナメントでの勝利につながると考えます。

今日すぐにトーナメントに出るのであれば、ぼくは超越(純正、ドロシーどちらでも)とロイヤルで出ます!

メタは日々変わりますので、明日はヴァンパイア使っているかもしれません!

それでは、次回もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA