『Shadowverse』環境が変わり、その後

こんにちは、もときです。

2月27日のアップデートで、下方修正されたカードが2枚ありましたね!

c_103011030 rune

 

ミニゴブリンメイジは、いわゆるOTKエルフにてリノセウスを確定サーチできる1枚でした。

まぁご存知だと思いますが念のため。

これが2コスト以下になったため、エルフが終わったとの声もちらほらありますね。

ぼくはまだイケてると思っていますが、以前よりデッキパワーが落ちたのは間違いありません。

では、OTKエルフが減少したことにより、どのように環境に変化を与えたか考えましょう。

まず、ドラゴンで守護を並べまくる構成が減ってきているように思えます。

ドロシーウィッチに有利が取れても、エルフに有利が取れなかったドラゴンですが、ここに来て少々強さを増したのではないかと思います。

相変わらず、ゴブリンマウントデーモンは優秀ですので健在ですが、グリムリーパーやオウルガーディアンなどは抜ける事が多いのではないでしょうか。
その分、ジェネシスドラゴンやダークドラグーン・フォルテが入り以前と比べて攻撃的になっていますね。

GMD

次に、ロイヤルですね。

これは、メイドリーダーでレヴィオンセイバー・アルベールを確定でサーチしてこれる方が流行りつつあると思われます。

c_103241010

以前のミッドレンジまたはコントロールタイプが多かったのはOTKエルフに対して、フロントガードジェネラルが圧倒的な強さを見せていたからだと思います。

fgj

OTKエルフが減ったことにより守護を立てるよりアグロ寄りの構成が環境に向いてきたと言えますね。

次にヴァンパイアですが、コントロールヴァンパイアは元々ドロシーにもOTKにも有利が取れていたので、今後コントロールデッキが増えなければ安定だと思います

qvp

しかしながら、アグロヴァンパイアはドロシーの展開力に勝てないですし、ロイヤルにも少々分が悪いので、『ブン回ったら最強!』の立ち位置で以前とは変わりありません。

そしてネクロマンサーですが、正直あまり使った経緯がないため、コメントがし辛い状況です。

体感では以前の型のアグロネクロがまた盛り返してきてるように思えます。
2コス以下のフォロワーで9まで削って、ケルベロス⇒ファントムハウルでとどめって感じですね。

最近よく見かけるカードの1枚としてはシャドウリーパーですね。

shadowriper

他のフォロワーが破壊された分だけ+1/+1になりますので、無駄なく強化できるところが強みです。
コンボも出来そうなので、今後注目の一枚ですね!

そして、今回ぼくが最も注目しているのはビショップです!

守護が立てられなかった時OTKに対して本当に弱かったセラフビショップは、エルフが減少した今一番強いのではないかと考えています。

srf

今ぼくがBO3の大会に出るのであれば確実にセラフビショップを使用します。

何故なら、超越ウィッチ以外にはほぼ負けないからです。

唯一アグロに対して弱いと言えるのは、アルベールサーチ型の疾走ロイヤルだと思います。

では、Bo3の相方は何にするかと言うと、アルベールサーチ型のロイヤル、またはドロシーウィッチですね。

現在どのデッキが飛びぬけていると言うのは正直ないと思いますが、ルーンの貫きが1コスト増えた今でも若干ドロシーウィッチが頭一つ抜けてます。

ですので、ここに有利を取れる構成を組むのが大会で勝つためには必須と言えるでしょう。

セラフビショップ参考デッキ

まだまだ環境は変わるでしょうし、しかも今月末には新カードも投入されます!
変化があるのは楽しいですよね!

みなさんの情報も是非教えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA